裏庭 URANIWA

峰浪りょうのブログです
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | - |
<< 3巻発売中です! | main | 当たった! >>

取材、ラブホテル街へ…

 単行本を買っていただいた皆様、
いつも携帯で読んでくださっている皆様、
本当にありがとうございます。

おかげさまで、4巻も夏には出せそうです。(たぶん…)

現在、4巻に収録されるクライマックスあたりをぼちぼち描いておりまして、その舞台となる渋谷、円山町に取材に行って来ました。

円山町と言えば、言わずと知れたラブホテル街です。
本当に曲がっても曲がってもラブホテルでした!



そしてこの辺りは、東電OL殺人事件の被害者OLが売春していた場所としても大変有名です。
主人公の一人、未果子というキャラクターを作るにあたって、この東電OL関連の本をいくつか読んでおり、未果子が援助交際をしている舞台を、この円山町ということにしておりましたので、やっと来れた…と、ちょっと感動?しました。



ホテル街の中、ふと現れるのがこの道玄坂地蔵。
殺害された女性がここで立ちんぼをしていたので有名です。



よくみると、口紅?らしきものが塗られています。
色街の地蔵らしいです。

そして円山町から少し歩いたところに、彼女が殺害され、遺体が発見されたアパートがありました。
一応、撮影はしたのですが、誰かが今でも住んでいるようですし、ネットで調べれば、そのアパートはいっぱい出てくるので、控えさせていただきます。

驚いたのは、その、なかなかに赴きのある木造アパート自体はネット上で何度となく見ていたのですが、初めて現場に訪れ、周りを見回した時、そのアパートだけを残して、その周りは、きれいに現代的に整備されていたことです。
その木造アパートだけが完全に時代に取り残されているという感じでした。
誰か、もしくは何かの意図を持って取り残されているようにも感じました。


ところで円山町内で写真をばしゃばしゃ撮っておりましたので、ラブラブ気分でホテルを選んでいたカップルの皆様には気分を害されたと思われ…すみません(汗

さて、未果子とカイトの新たな分岐点、面白く描けたらなと思います。
- | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

隔週金曜日が待ち遠しいです・・・

セーラー服姿の未果子ちゃんは口紅を塗られたお地蔵さんをみてるのかもなのですね〜


4巻表紙も今から楽しみです☆

すろう | 2012/05/01 12:12 AM
?巻の表紙は、順番からいって、祥ちゃん?


「溺れる花火」をモバイルで再読しましたが、峰浪さんは天才です。ドラマ向きの話ですね。
みぞりん | 2012/05/01 9:54 PM
いつもありがとうございます。

4巻の準備もそろそろ入ります。
表紙は…まだ考えてません!

ご期待ください^^;
minenami | 2012/05/16 2:16 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://minenami.jugem.jp/trackback/46
この記事に対するトラックバック