裏庭 URANIWA

峰浪りょうのブログです
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | - | - |
<< 「ヒメゴト」最終回です! | main | 久々ブログ… >>

ヒメゴト8巻 発売中です!

11月28日から、「ヒメゴト〜十九歳の制服〜」8巻が発売されました。
最終巻になっております。
よろしくお願いいたします。



長くて4巻か?くらいで考えてたこの物語が、
まさか倍の8巻までたどり着くなんて…

ひとえに、応援してくださった読者の皆様のお陰です!
本当にありがとうございました!!


2010年夏にスタートして、約4年間連載して来ました。
4年もあると、色々ありました。

単行本1巻の準備をしていた頃に地震が来たことが
やっぱり印象深いです。

たぶんこの日本のどこかにいる、
ごく普通の自我や恋愛に悩む十九歳の物語が
急に、別の時空の日本の十九歳のお話になってしまった…
あの時ははっきりとそう思ってしまい、
大学での立ち位置とか恋とか趣味とかで頭100%〜
な人たちを描くことにしばらく違和感が続いたり、
あの意識がもし訪れなければ、また違う物語になっていたのか?
それともそう変わらなかったのか?
なんてのはたぶんこの「ヒメゴト」という物語にセットでくっついている自分の思い出です。


でもなにより長期連載をしてみて面白かったのは、
長く描き続けることによって物語を動かす為キャラクターがいるのではなく、
キャラクターがこんなことを思うから、してしまったから物語がこう進むという風に
描き方が変わって行ったことと、
読者や身近な読み手の願う傾向や何気ない言葉などで未来が少しずつ動かされていく、そのライブ感でした。

初期から中期にかけて、担当さんとたぶんこうなるよね。
と話していた未来とは本当にずいぶん変わってしましました。

ちなみに一番の有力候補は3P解散!
あいつは死ぬ、あいつは捕まる…なんて話しも…
あと、由樹には別の彼氏候補がいましたが、これは担当さんが嫌がりました 笑

連載漫画は『生もの』ですね。本当に。



たくさんの方々に支えられて、なんとか無事完結いたしました。
本当にありがとうございます!!

次回作も…準備中です!

またよろしくお願いします!!!
 
- | permalink | comments(13) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | - | - |

この記事に対するコメント

先生お疲れさまでした。この作品は全て賞をしなければならない。このマンガの読むのこと終わる瞬間に私の命を変わりました。すみませんでした私の日本語は下手です、でも私の言葉を理解できればいいのに。
コロンビアからメッセージ。
私はいつもいつもいつもお前のファンになります
ナタリア | 2014/12/01 2:39 AM
最終巻読み終わりました。

こんな素敵な物語に出会えて
今とても幸せな気持ちです。
ありがとうございます。

次の作品を心より楽しみにしています。
kuro | 2014/12/06 12:23 AM
ナタリアさん、とおい国からありがとうございます!
心はとても伝わりました!
『お前のファン』が最高におもしろかったよ!!

kuroさんもありがとうございます!
次回作もがんばりますので、よろしくお願いいたします!!
minenami | 2014/12/15 8:24 PM
お疲れ様です!
今年になって先生の作品を知り、全巻まとめ買いしました!
僕はこの作品が大好きです!本当に出会えて良かったと思っています。

最終巻は何度読み返しても涙が止まりませんでし
た。

92話のゆきが、「よくみられたいきれいになりたいセックスがしたい恋がしたい。全部なくなったら本当に楽だ」といったのは心から共感して泣いてしまいました。こんなに感情を揺さぶる物語は始めてでした

長々とすいません。

これからも頑張ってください!

おおかみ | 2015/03/14 3:24 AM
 本当に素晴らしい作品です、りょう先生。
 一般作品と違い、性的タブーにもどんどん突っ込んでいけるのは、青年向けの魅力と感じました。
 それも、性的タブーに突っ込む他の作品は、ただのエロ(おかず)に終わることが圧倒的に多い中、こんなにも感銘を受ける作品に出合えるとは、思ってもいませんでした。
 私みたいな凡人が、同じ性的タブーに向き合おうとすると、まず間違いなく単なるエロ路線に『堕落』するのが目に見えています。
 しかし堕落せず、輝き(光と闇の両方を含めて)を失わずに、性的タブーにこんなにも真剣に向き合うと、これほどまでに感動的な作品を生み出せるとは…。ただただ、りょう先生の才能に敬服です。

 結局読み終わっても、現実世界の読者は、前半のユキちゃんのように、孤独から逃れることはできません。
 でも、同じ思いをユキちゃん達登場人物と、そしてりょう先生、またそのファンの人たちと分かち合うことができると言う思いは、微笑みを生み。癒しを生んでくれます。

 本当、ユキちゃん、カイトくん、ミカコちゃんと、心底一緒に暮らしたいです。
 遥か遠い、子供のころに忘れてしまった『漫画の世界に入りたい』と言う幻想。それを久々に、それも強烈に想い起させてくれた、最高の傑作だと思います。

 りょう先生、こんなにも素晴らしい作品を、本当に、本当にありがとうございました。
 つらく、孤独で、誰もが戦っている、人生。

 せめてここしばらくは、ユキちゃんたちと一緒に、ほろにがくも微笑みながら生きてみたいと思います。また、喪服を来て19歳の自分とさよならしたミカコちゃん…、私は甘ったれすぎて、いつの間にかそう言った決別もなく、年齢だけ大人になってしまった後悔にも苦しみたいと思います。

 次回作まで、夜はユキちゃん・ミカコちゃん、そしてカイトくん(おい)のお世話になりたいと思います(おおーい)。彼女たちは本当に、魅力的にすぎますよ(笑)、りょう先生。
 心より応援してます。お体を大切に、がんばってください、りょう先生。
たかゆき | 2015/05/30 9:15 PM
やっと買いました。
この作品が終わるのがショックで、自分の中で期限を延ばして傷を和らげていました。

あー皆、幸せになって良かったです。

案段階の、ゆきちゃんに他の彼氏!?
出来なくて良かったです!

時系列なら思想やら構図やら凄すぎて、私にはうまく表現出来ませんが、素晴らしかったです!

先生とロケ地巡りツアーとかあったら行きたいですw
パンケーキ屋とかあのホテル街とかw

坦々としてても良いので、その後の買い物シーンなんかも番外編で見てみたいです。

お疲れ様でした。
zuma | 2015/06/16 8:19 PM
つい先程、ニコニコ静画の立読で御作3巻を読ませていただきました。
非常に強く惹きつけられ、そのまま全巻をAmazonで注文するに至りました。
届くのが待ち遠しい。
作品の全体像はどういったものになるのか
期待で胸がはちきれんばかりです。

ありがとうございます。
心からの伝言です。
ふみ | 2015/07/08 11:52 PM
ニコニコの静画で3巻まで読ませていただきました。私も彼らと似たような問題を抱えているので、読んでいて苦しくなるくらい引き込まれました。
この続きは今は読めませんが、いつか読めるくらいに私も成長できたらと思っています。とりあえず、まずは服を買いに行こうかと思っています。
 この作品を読んで、少し前向きな気持ちになれました。このような作品を生み出してくださってありがとうございました。本当に救われました。
HARU | 2015/07/15 3:17 PM
はじめまして。
素敵な作品に出逢えて、本当に嬉しいです。
こんなにダークサイドな感情をリアル、かつ丁寧に読めるマンガ、そうないですよね。
ダンナにも教えたい…けどできないなーw

次回作も楽しみです!

とりあえずカイト姉さんに惚れてますヽ(´∀`)ノ
jkr | 2015/07/17 12:40 AM
こんにちは。
ヒメゴトを、昨日、一気読みしちゃいました。
なんか、すごい解放された気持ちがします。
私は32才なんですが、漫画という媒体に、こんなにも心癒されたり、揺さぶられたのは、初めてな気持ちがします。
きっとあなたは、優しい方なんですね。
この世界は汚いものにあふれているけど、ちいさな祈りのような、星みたいな輝きを、こうやってたまに見つけると、生きていける気がします。
きっとあの子達は、これからも辛いことや汚いことに触れながら生きていくのでしょうけれど、ちゃんと生きていってくれそうで、ほっとしました。
ひととひとが救いあう方法は、重荷を一緒に背負うのではなく、そのひとが背負ったまま立ち上がることができるように寄り添うことも、出来るんですね。
素敵な作品をありがとうございました。
これからも楽しみにしています。
さっちゃん | 2015/12/04 10:40 AM
久しぶりに漫画を買いました。
まんが王国で1巻無料キャンペーンの時に読んでから忘れられなくて、初めてスマホで漫画を購入しました。素晴らしかったです。3人とも大好きです。最終巻、1日で5回も読み返してしまいました。
こじれた性の自我で雁字搦めだった、昔の自分に、この作品を贈りたい。
なんだ、漫画になって多くの人に受け入れられるくらい、普通のことなんじゃん、って言ってあげたい。
「ヒメゴト」が傍にあれば、私の学生時代はもっと楽だったかもしれない。
彼らがこんな風に交わるにはいくつかの奇跡的な偶然が必要で、それは現実にはなかなか立て続けには起こらないことかもしれないけど、読んでる最中そんなこと全く気にならないくらい、3人の命が眩しくて、ほんとに素晴らしかったです。
27になった今、いろんな駆け引きを身に着けて、安全な場所に身を置いたまま順序立てて幸せを手に入れる「普通」の女に這い上がって。こじらせて苦しんでた自分に聞かれたら怒られるけど。19歳のこの瞬間にしかできない、駆け抜けるみたいな数か月を、眩しく、羨ましく思いました。
ずっとずっと大切に読みます。
miu | 2016/01/25 8:39 PM
初めまして、電子版で購入した者です。続きが気になり、一気に買って一気に読みました。いろいろなシーンが何度も蘇り、何度も思い出されます。何度も見返す作品になってしまいました。

登場人物の奥行きがすごく、伏線の張り方が素晴らしいですね。私は、幼なじみのきっかけなんてなかったけど、ユキちゃんみたいな立ち位置でたぶん思われてる学生でした。とは言っても、一番心が痛むのは、やっぱりミカコちゃんで引きつけられました。言ってはいけないかも知れないけど、ミカコちゃんとカイト君を見て、ほんとに、生きていくことがこんなにも美しく尊いことだと感じられたことはありませんでした。

濡れ場が無くてもいい作品なのに濡れ場がメインの娯楽になってる作品が多い中で、濡れ場がとても重要で外せないのにメインではない。性と生との結びつきが力強く描かれていて、フィクションなのに登場人物の心情や言動がとてもリアルに感じられます。素晴らしい作品でした。

絵もかわいくて魅力的。重要なんです。ああ、こういう格好したらかわいいし汚くない、気持ち悪くない。かわいくない格好でもこんなにかっこいいしかわいく見えるんだ、とかいろいろありました。本当に有り難うございました。また、たまにまとめて買います。
ゆる | 2016/02/07 1:03 AM
8巻のコメ欄にYahoo!今だけ無料!1〜3だけで書いちゃってスイマセンm(__)m
ずっとヒッキーで自分のセクシャリティーも分からないまま年だけ取ったキモイ自分ですが、彼らと同じような年頃にこの作品に出合っていたら今とは少しは違った生き方になっていたかもと思うと悲しいです。メンタルもフィジカルも重力に抗うすべのなくなった自分からすると彼らの痛みすら眩しくうらやましい・・・。

もうすぐ、45歳とりあえずまだ生きてます





更年期 | 2016/05/30 5:05 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://minenami.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック